富山県で高校卒業資格をとるには。

富山県の高校卒業資格を取れる学校数は、53校で公立43校、私立10校である。定時制は6校、通信制は1

校である。専門学校の数は、総数28校で公立6校、私立22校である。高校退学者率は1.8%である。高校卒業後の進路は大学が52%、専門学校18%、就職が20%である。通信制学校が1校だけであるが、他県に本校舎を持つ学校でも通信授業を受けられる。大学や専門学校への進学率は全国平均と同じくらいだが、就職率になると全国平均17%に比べると3ポイントも上がっている。このことは、後で書きますが、製造業が盛んであることや歴史的に商業が盛んであったことだと考えられる。

 富山県の特徴は、人口約100万人で南部には山間地、北部は日本海と面している。ちなみに全国で一番市町村の数が少なく15市町村である。県庁所在地の富山市は人口41万人で全県人口の4割を抱えていることや、面積の富山県全域の約25%を占めている中心的役割の県である。産業面では、第一次産業は花きが盛んで、チューリップが全国1位の出荷額である。漁業面では、氷見のブリや富山湾のホタルイカなどをブランド化し成功して観光客誘致になっている。第二次産業では、北陸地方の中心地として経済の中心や製造業の中心になっている。地理的なことから、立山連峰の豊富な水源を使い、水力発電やアルミや金属加工の企業が多くあり、ほとんどの企業が全国シェア上位を占めている。そのため、前述した通り、高校卒業後の就職率が高くなったと考えられる。富山県では、全国に先駆けて環境問題に取り組んでいて、富山市に路面電車を走らせ、自動車の排気ガスを減らす取り組みをしている。路面電車を取り入れるために、ヨーロッパの所要都市を見学しにいくなどして、よりよい景観の維持や環境に配慮した。そのおかげで観光客はゆっくりと観光出来るようになった。富山県の観光は、立山連峰や黒部峡谷などの山間の自然や富山湾何度の海の自然を満喫出来るエリアが全域にあり、一回では回りきれないほどである。

  • http://www.kousotsunintei-hikaku.com/communication_a.html